BMW1シリーズ(E87/F20)の買取額が高額で査定される理由

BMW1シリーズ

BMWの1シリーズと呼ばれている車はCセグメントに属します。

 

セグメントと言うのは車の区分の仕方によって決まります。

 

排気量は1500ccから2000cc程度で、

車のタイプはセダン、クーペ、ハッチバックを中心としています。

 買取査定サイトランキング

また

全長も4600mmまで、全幅1700mm未満という説もあります。

 

日本ではミドルクラスのコンパクトカーにあたります。

 

しかし

区分の仕方や属性について明確な規則はありません。

 

国によってはスモールカーとされる場合もあります。

 

BMWの1シリーズの特徴は搭載エンジンが1600cc直列4気筒と

3000cc直列6気筒で、駆動方式にFRを採用していることです。

 

セグメント属性から言うと排気量は一部大きくなっています。

 

またFRによって走行性を高めています。

 

変速機は8速AT6速MTと言う細かな切り替えとなっています。

 買取査定サイトランキング

BMW1シリーズは日本でも人気

BMW1シリーズクーペ

日本での販売は2004年から始まりました。

 

国内で販売される車は全て右ハンドルに変えています。

 

ボディタイプは3または5ドアハッチバックと2ドアクーペが中心でした。

 

中にはカブリオレ(オープンカー)もありましたが

2代目にはハッチバックのみとなっています。

 

クーペとカブリオレは2シリーズへ引き継がれることになります。

 

このような特徴のある1シリーズですから

日本国内市場やユーザーから注目されました。

 

また

道が狭くコンパクトな車体が適している

日本の交通事情も考慮されていますから

非常に人気があります。

 

売却時にはそうした人気とBMWブランドと言う事もあり

相場価格は高額となっています。

 

売却を検討中の方は買取査定サイトのランキングを

ごらんになることをお勧めします。

買取査定サイトランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ